Top > 電話
HTML convert time to 0.003 sec.


電話 の変更点


 >&ref(icons/flag.png,nolink); 電話アプリは、携帯電話機能の要となります。
 &ref(icons/flag.png,nolink); シームレスにiPhone内のいろいろなアプリと連携動作するので、必要に応じてそれらの説明も扱います。
 
 &br;
 #contents
 &br;&br;
  
 *FAQ:電話の着信音って自作できますか? [#vfe0bc6f]
 -できます。ただし、ちょっとした制限はあります。作り方は『[[着信音(着メロ)のつくりかた>画面・音・写真#xff1e78c]]』を参照のこと。
 
 *電話中に他のアプリは使える? [#x1198675]
 -使えます。ただし、音が出る系のアプリはだめかも。
 --「ホーム」ボタンを押すと、電話は切らずにホーム画面に戻るので、任意のアプリを使用可能。
 ---なお、音が途切れると言った相手との通話の影響は特に無い。
 --通話に戻るには、画面上部に表示されている「タッチして通話に戻る」の部分をタップする。
 
 
 *電話をかける [#hddf303d]
 -さまざまな方法が用意されています。場面に応じて使い分けましょう。
 
 **「電話」アプリから [#b00b65e2]
 &ref(ss/Phone.png,nolink,60%);
 +よく使う項目
 &ref(iphone_f1.jpg,nolink,50%);
 --頻繁にコンタクトを取る相手を登録しておく場所です。
 --「連絡先」アプリ等で、予め設定しておく必要があります。
 +履歴
 &ref(iphone_f2.jpg,nolink,50%);
 --リダイヤル候補一覧です。最近通話した相手を探すなら、ここを見るのが手っ取り早いでしょう。
 --自分がかけた/かかってきたに関わらず、通話した事がある相手はすべてここに記録されていきます。
 ---自分がかけたものには、発信を表す受話器アイコンが付きますが、区別する手掛かりはそれくらいしかありません。
 ---発信・受信を分類する機能はありません。時系列に並んでいるだけです(一番上が最新)。
 --履歴削除は今の所「全削除」のみで、個別削除はできません。
 --※操作中に間違ってかけてしまい、慌てて切った(通話終了を選んだ)場合でも記録されてしまうようなので、相手と繋がったかどうかではなく、ダイヤリング処理をした時点で即記録してるっぽい(推測)。
 +連絡先
 &ref(iphone_f3.jpg,nolink,50%);
 --自分で用意した住所録から選ぶ方法です。
 --「連絡先」アプリで閲覧・編集可能なリストが直接表示されるので、相手を選び、電話をかけます。
 +キーパッド
 &ref(iphone_f4.jpg,nolink,50%);
 --電話用のキーが表示されるので、電話番号を直接タップして入力し、発信ボタンをタップすると電話をかけます。
 --画面上部の表示窓を長押しすると、コピーしておいた電話番号のテキストをペーストできます。
 &ref(iphone_numcopy.PNG,nolink,40%); &ref(iphone_numpaste.PNG,nolink,40%); &ref(iphone_number.PNG,nolink,40%);
 --発信ボタン左の連絡先追加ボタンで、画面上部に表示している番号を、連絡先リストに新規追加、あるいは既存の連絡先に追加できます。
 +留守番電話
 --詳しくは「[[留守番電話関係]]」のページを参考に。
 
 **「連絡先」アプリから [#p729d08e]
 &ref(Contact.png,nolink,60%);
 -当たり前ですが、操作としては、上記「電話」アプリの「連絡先」を選んだ場合と全く同じです。
 **「マップ」アプリから [#n6b6c5e2]
 &ref(ss/Maps.png,nolink,60%);
 -地図から目的地を検索して、情報がある場合は直接電話をかける事ができます。
 -簡単に図解すると、↓こんな感じで使います。
 &ref(iphone_map2call1.JPG,nolink,50%); &ref(iphone_map2call2.jpg,nolink,50%);
 -''電話番号欄をタップすると、確認なしでいきなり発信します。''
 -具体的には[[「マップの活用方法」>マップ#n1411ca7]]を参照してください。
 **「メモ」「メール」「Safari」から [#je8d2a72]
 &ref(icons/Notes.png,nolink,60%); &ref(icons/Mail.png,nolink,60%); &ref(icons/Safari.png,nolink,60%);
 -基本アプリの「メモ」「メール」「Safari」において、文書・メール・コンテンツ中にあるテキストの連続した数字は電話番号として認識され、タップするとその番号へ電話をかけることができます。
 --いきなり発信はせず、発信・キャンセルを選ぶダイアログが表示されます。
 -また、番号部分を長押しすると、発信する・SMS/MMSする等、複数の処理を選ぶダイアログが現れます。
 |~タップの例|~長押しの例|
 |&ref(ss/phone_num_tap.jpg,nolink,50%);|&ref(ss/phone_num_push.jpg,nolink,50%);|
 -数字列は途中にスペースやハイフンがあっても認識されます。
 -スペースやハイフンを含まない連続した数字だと、7〜17桁の数字列が電話番号として認識されます。
 --この辺りのアルゴリズムは、詳しく調べると面白そうですが、そこまで暇じゃないので割愛。
 -iPhone版のSafariで下の電話番号モドキをタップしたり、長押ししたり試してみてください。
 例: 123-4567-8901 (←何も細工していないテキストです)
 *通話中にできること [#f9b456aa]
 このへんはユーザガイドに載ってますが…
 
 **電話アプリ [#nfd636e7]
 &ref(ss/Phone.png,nolink,60%);
 |&ref(iphone_talking.PNG,nolink,50%);|~消音|相手の声は聞こえるが、こちらの声は相手に届かない状態にする。|
 |~|~キーパッド|電話用のキーパッドを開きます。通話中の電話番号メモなどに。|
 |~|~スピーカー|いわゆるスピーカーフォンにする。&br;Bluetoothデバイスが使える時は、それに応じて選択肢が増える。|
 |~|~通話を追加|通話中に他の人へ電話をかけて、同時に話したり相手を切り替えて話したりできます。|
 |~|~保留|双方、相手の声が聞こえなくなる。|
 |~|~連絡先|連絡先リストを閲覧します。|
 |~|~通話終了|電話を切ります。|
 -''通話を追加''の利用は、グループ通話[月額210円]か基本オプションパック(i)[月額498円]の加入が必要です
 [[Apple:http://www.apple.com/jp/iphone/how-to/index.html#i96fb8a71.i96fb8a714f1a8b70]]や[[Softbank:http://faq.softbank.jp/faq/sbm/app/servlet/qadoc?010187]]のサイトも参照。
 [[Apple:http://www.apple.com/jp/iphone/how-to/index.html#i96fb8a71.i96fb8a714f1a8b70]]や[[SoftBank:http://faq.softbank.jp/faq/sbm/app/servlet/qadoc?010187]]のサイトも参照。
 **他のアプリの起動 [#u4c54d32]
 &ref(icons/iphone_homebutton.png,nolink,60%);
 -上記[[「電話中に他のアプリは使える?」>#x1198675]]にある通り、「ホーム」ボタンを押してから任意のアプリケーションを起動。
 -通話に戻るには、画面上部の「タッチして通話に戻る」の部分をタップ。
 
 
 *電話を受ける [#va1171e0]
 -[[「基本:掛かってきた電話を取る」>基本#z0b81c66]]を参照。
 -iPodアプリ使用中(音楽が再生中)のときは、音楽がフェードアウトして自動的に一時停止し着信音が流れます。(イヤホン使用中も同じ)通話が終わると、音楽が流れ始めます。(Bluetoothのイヤホンは未検証)