Top > 故障・修理
HTML convert time to 0.002 sec.


故障・修理 の変更点


 >&ref(icons/lifebuoy_exclamation.png,nolink); iPhoneの故障や修理についての情報をまとめます。
 
 &br;
  
 |#contents|
 &br;&br;
 &br;&br;
 
 *保障 [#gd8ad5b6]
 **APP(AppleCare Protection Plan) [#l90983c7]
 -Appleが提供する保障プランです。iPhone購入時に加入を勧められたかと思いますが、購入日で無くてもいつでも加入可能です。
 
 >すべての iPhone には、製品購入後 90 日間の無償電話サポートと、製品購入後1年間のアップル認定修理センターでのハードウェア無償修理が付属しています。AppleCare Protection Plan for iPhone のご購入により、この保証を製品購入日から 2 年間に延長できます。(1) Macと一緒に使う場合でも、Windows PC と一緒に使う場合でも、電話サポートでほとんどの問題を解決できます。
 
 -[[AppleCare Protection Plan :http://www.apple.com/jp/support/products/applecareiphone.html]]
 
 
 
 *故障の例 [#j8599df6]
 **USBケーブルの皮膜がはがれてきた [#f90a06f2]
 -iPhoneアクセサリについては、AppleのWebサポートでオンライン部品交換(在宅自己交換修理サービス)から交換を申し込めます。
 -[[アップル - サポート - オンラインサービスアシスタントについて:http://www.apple.com/jp/support/serviceassistant/overview.html]]
 
 **iPhone本体の水没 [#b5abc90f]
 -Appleリテールストア(アップル直営ストア)への持込交換となります。交換費用は、22,800円です(2009年6月現在)。
 
 
 ***iPhone 3Gの場合 [#f66cbc81]
 -水没判断は次の2箇所で行います。
 &ref(ss/HT3302_5.png,nolink,90%); &ref(ss/HT3302_06.png,nolink,50%);
 
 ***iPod touchの場合 [#g1501b89]
 -水没判断は次の箇所で行います。
 &ref(ss/HT3302_1.jpg,nolink,90%);
 
 ***いずれの場合も [#ef3e879f]
 -水没判断箇所のサインがあるかないかだけで判断します。理由や原因の如何によらず、サインがあれば「水没」とみなされます。
 ***水没判断の基準 [#ef3e879f]
 -Touchでは水没判断箇所のサインがあるかないかだけで判断します。理由や原因の如何によらず、サインがあれば「水没」とみなされます。
 -iPhoneでは2010年から、本体内部にもう一つあるサインでも判断されるようになったため、修理部署の判断によっては有償にならないケースもあります。
 
 **iPhoneのバッテリー容量の低下 [#d1247cb9]
 -バッテリーの容量低下による交換は、製品発売後1年後から開始です。
 --iPhone 3Gの場合は2009年7月11日より、iPhone 3GSの場合は2010年6月26日より
 -なお、バッテリー容量低下の判断は、Appleリテールストアにより行われます。
 -保障期間内の場合0円で、保障期間外の場合9,800円での交換となります。
 
 
 
 *紛失や盗難 [#x93474eb]
 -保障は一切ありません。
 -だからという訳ではないでしょうが、有償ながら、アップルから事項のようなサービスが提供されています。
 *iPhoneを探す [#n46a12b0]
 &ref(find_iPhone.png,nolink,80%); &ref(メール着信関係/MobileMe.gif,nolink);
 -予め設定しておく事で、iPhoneのだいたいの現在位置をGPS情報をもとに地図上で知る事ができるという、Appleが提供するMobileMeサービスの機能の一つ(iPhone OS 3.0以降。2009年6月17日より)。
 --PC/MacのWebブラウザで確認する。
 --iPhone OS 3.1以降である事が必要(パスコードロック機能追加の為。2009年9月9日より)。
 --MobileMeへの加入が必要(年額9,800円)。
 -他に次のような機能が提供される(全てPC/MacのWebブラウザから設定します)。
 **メッセージを表示または音を鳴らす  [#y1b7313a]
 -ロック状態であっても、画面上に任意のメッセージを表示できる。また、サイレントモードにしていたとしても、周囲に存在をアピールする音を発する事ができる。
 --メッセージは160文字まで入力(ターゲットのiPhoneへの表示)可能。
 --メッセージと同時に音を鳴らすかどうかを選択できる。
 --音は2分間鳴り続ける。
 --ただし、[[こちらのサイトのレポート:http://www.hirokitosaki.com/?p=176]]によると、音量は本体音量の設定に従うようで、音量を0にセットしていた場合、音は出ないとの事なので、注意が必要。
 |~入力と実際の表示の例|
 |&ref(ss/find_iphone_message.jpg,nolink,70%);|
 |&ref(ss/find_iphone.jpg,nolink,50%);|
 **パスコードをリモートロック [#q67e1168]
 -遠隔操作でパスコードロックをかける事ができる。
 --新たなパスコードとして4桁の数字を指定し、パスコード未設定だったものを保護したり、既存のパスコードを無効にする。
 **リモートワイプ [#mf7dbce8]
 -いよいよiPhoneが戻らない事がはっきりした場合、内部のデータを遠隔操作で消去可能。
 --iPhoneからすべてのメディアやデータを完全に消去し、初期設定に戻す。
 --データの消去完了後は、iPhoneでメッセージを表示したり、その所在地を確認することはできなくなる。
 --運良くその後発見された場合、iTunesを使ってバックアップから復元は可能。
 
 
 *シリアルナンバーの確認方法 [#g9818737]
 -次の5通りあります。
 
 **iTunesのデバイス画面 [#df87edfd]
 -iPhoneを母艦(PC/Mac)に接続した状態でiTuensのデバイス画面をみると、シリアル番号が表示されています。
 
 
 **iTunesのバックアップ情報 [#h9cf652e]
 -母艦のiTunesで設定メニューを呼び出します。iPhoneは未接続でOK。
 --Mac OS Xでは 「iTunes」メニューの「環境設定...」を選択
 --Windows では、「編集」メニューの「設定」を選択
 -「デバイス」タブの「デバイスのバックアップ」にポイントすると、シリアル番号がポップアップします(同時に電話番号とIMEIも併記されます)。
 
 
 **iPhoneのSIMスロット [#k40fe368]
 --iPhoneのSIMスロットトレイにシリアルナンバーとIMEIナンバーが記されています。
 
 **iPhoneの「情報」画面で [#i65b8934]
 -&ref(ss/Settings.png,nolink,50%); [設定]→[一般]→[情報]で、下の方にシリアルナンバーとIMEIナンバーが記されています。
 **iPhoneのパッケージで [#k146090f]
 -iPhoneの入っていた箱の底に、シリアルナンバーとIMEIナンバーが記されています。
 
 
 
 
 &br;
 &br;