HTML convert time to 0.023 sec.


はじめにやること のバックアップ(No.19)




買うまでにやっておくこと Edit

  • 友人に、iPhoneを買うので「ソフトバンク」または「i.softbank.jp」を許可リストに入れておいてもらう。
     →メール着信関係について確認してから。
  • 銀行口座か、クレジットカードの準備。
  • 本人確認用書類の準備:運転免許証、パスポートなどなど。
  • パソコンあるいはMac。iPhoneを利用開始するには、「iTunes」が必須なので、iTunesが動作するパソコンを用意しよう。

買ってから真っ先にやること Edit

  • 箱から出します。
    iPhone.png

USIMをセット Edit

  1. 黒い箱についてた、ピンセットで本体上面の極小穴をつつく。
  2. 出てきた小皿にUSIM乗っけて、落とさないように慎重に差し込めばOK。
    Changesim.png

 (この作業はお店でやってくれる場合もあります。)

電源を入れる Edit

  • ホームボタン(画面の下のボタン)か、画面上部右側のボタンを押せば電源が入ります。
    SleepWake button.png
  • 「ロック解除」の指示が出るので、スライドを指でなぞって「カチ」っと音がするまでスライドさせてください。
    Slideclosed.png
  • アクティベーションを促す画面が出ます。
    Restorescreen.png

iTunesのインストールと接続 Edit

PC/MacへのiTunesのインストール Edit

  • PC/MacにiTnuesをダウンロード&インストールする。
    iTunes icon.gifhttp://www.apple.com/jp/itunes/download/
    • iTunesのバージョンは8.0以上の最新版をインストールすること。
    • Windows VISTAで、古いiTunesがインストールされている場合、アップデートではなく直接アップル公式にいってiTunes8.0.0.35をダウンロードしないとバグることがあった。

PC/MacにiPhoneを接続する Edit

  • 接続すれば、自動的にiTunesが起動するはず。起動しなければiTunesソフトウェアをアイコンからを起動する。
    iPhone connected to Mac.png

アクティベーション Edit

アクティベーション(電話機能ロック解除)を行う Edit

  • iTnuesソフトウェアでiPhoneをアクティベーションする。これをしないと電話も掛けられない。
     (この作業はお店でやってくれる場合もあります。)
  • iPhoneを認識すれば、自動的にアンロック処理を開始します。

iPhone設定画面が出てくる Edit

  • 新しいiPhoneとして設定」する。
  • iPhone番号」について
    • iTunesへのiPhoneのデバイス登録時に、iPhone番号を聞かれる場面があります。
    • この「iPhone番号」とは、購入したiPhoneの電話番号(090-1234-5678)のことを指しています。[090] [12345678]と入れましょう。

アクティベーション成功 Edit

  • 成功すれば、ホーム画面が見れます。
    Tap.png
  • 1通目のSMS届く。
    sms.png
    • 「電話番号書き込みが正常完了しました。電源を入れなおし・・・」
  • PCから下記URL叩けと言われる「https://addressbook.softbank.ne.jp/puwb/
  1. 電話番号とパスワードでログイン
  2. PCにCSV保存しろと出てくるが、無視。後でも落とせるし中身空っぽ。
  • 2通目のSMS届く。
    sms.png
    • 「お客様の電話番号[090******]のシステム登録が完了しました。パスワードは[***]です。」
       ・これで発着信できる状態に。確認してみよう。
         ※自分(iPhone)の電話番号は、電話帳の一番上に書いてある。

次は? Edit

 →メール設定
 →初級ページへ戻る




  • お知らせ
    bookmark.png iPhoneについてのニュースやアプリ、対応サイトの紹介を、【iPhone 3G Wiki blog】で配信しています。
    information.pngなお、iPhoneでの閲覧に最適なプラグインを導入していますので、iPhoneでご覧の方も、
    そのまま【こちらにジャンプ】していただければ最適なサイズで閲覧が可能です。