Top > カレンダー
HTML convert time to 0.034 sec.


カレンダー

Last-modified: 2011-11-02 (水) 02:27:05

flag.png カレンダーアプリは、日々のイベントや予定を書き込みます。イベントのアラートを受け取ることも可能です。




カレンダー Edit

Calendar.png

  • カレンダー機能を提供します。

アラート(通知) Edit

  • 予定の直前に、アラートを受け取ることが可能です。
  • 予定を追加する際に、「通知」項目で何分前に受け取るかを指定できます。
  • 通知音は、Settings.png [設定]→[サウンド]→[カレンダー]の「通知音」でオン/オフを切り替えできます。
  • 24時間以内に迫った予定は、通知センターに表示されるようになります。

CalDAV形式 Edit

  • iPhone OS 3.0からCalDAV形式の同期をサポートしました。
  • GoogleCalendarなどが対応しています。設定方法はこちら

iCal形式 Edit

  • iCal形式の参照(照会カレンダー)が可能です。
  • Appleが公開しているデータ(祝日など)や、livedoorの天気情報(webcal方式)などをsafariで開くことで、直接設定することができます。
    これらは頻繁に更新されるデータではないので、データの取得方法は手動更新がおすすめです。

カレンダー関係のTIPS Edit

ホーム画面のアイコン Edit

Calendar.png

  • ホーム画面のアイコンは、よく見ると気づきますが今日の日付を表示しています。

カレンダーを月曜始まりにする方法 Edit

コチラを参照のこと。

祝日を表示させたい Edit

SafariでAppleサイトにあるJapanese Holiday Calendarをダウンロードしてください。
照会カレンダーとして登録され祝日イベントが登録されます。

カレンダーの表示切り替え Edit

複数のカレンダーを設定しているときは、左上のボタンから表示切り替えができます。
また編集ボタンから、○の色を変更できます。
calender_display01.png calender_display02.png

デフォルトの予定登録カレンダーを変える Edit

  • Settings.png[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]-[デフォルトカレンダー] で変更できます。

連携データの期間を変更する Edit

  • iCloudでの設定
    • 連携データは、[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[カレンダー]→[同期]で、過去どれくらいまでの期間のデータを連携するかを変更できます。
    • 期間は、下記から選ぶことができます。
    1. 過去2週間のイベント
    2. 過去1ヶ月のイベント
    3. 過去3ヶ月のイベント
    4. 過去6ヶ月のイベント
    5. すべてのイベント
    • 過去の全てのデータを同期して残しておくには「すべてのイベント」を選択します。
    • この機能を使うためには、[設定]→[iCloud]→[カレンダー]をオンにして、iPhone←→iCloudでのカレンダーの無線同期(Over The Air)を行なうようにしておく必要があります。そうしておかないと、上記の[同期]選択肢が設定画面に現れません。
  • ※他のサービスでの事例報告の掲載協力を求めています。

他のカレンダーとの連携 Edit

iCloud Edit

icloud_logo.png

  • Appleのクラウドサービスで、カレンダー機能も持ち合わせます。
  • iPhone使用者は無料で使用可能で、ストレージ5GBの他、メールや連絡帳などの機能を持ちます。
  • ブラウザからもアクセスできます

GoogleCalendar Edit

  • Settings.png[設定]メニューから、[メール/連絡先/カレンダ]-[アカウントを追加...]-[その他]でgmailを登録すると、カレンダーも同期可能にできます。
  • Exchangeを使ったGmail登録方法でも、カレンダーの同期ができます。

Microsoft Entourage Edit

  • Macの場合、Microsoft Entourageとの連携が可能です。

Outlook Edit

  • Windowsの場合、Microsoft Outlook 2003またはMicrosoft Outlook 2007とのカレンダー連携が可能です。